令和3年前期 江西照康後援会便り作成しました。

多くのご支援をいただき、再選させていただきましたが、新任期早々結膜炎が酷くなるやら、コロナ禍により、ご挨拶や報告に伺えないことに加え、副議長に就任したことから、議会ごとに議会傍聴ダイジェストを作成したり、質問に立つことができず、いったい何をしておるのだとお叱りを受ける今日この頃、まずは6月議会を終え、自分なりに皆様に報告させていただく江西照康後援会便りを作成いたしました。

後援会とは何やら閉鎖的な組織に思われるかもしれませんが、政治活動を行う場合、政治団体を作らねばならず、それを後援会という組織にしている政治家がほとんどです。何故なら、監督行政機関のひな形が後援会だからです。

ですから、後援会便りという名前を使っていても、私を支援して下さる後援会の皆様に限定したものではありません。因みに今まで作成してきた議会傍聴ダイジェストは政務活動費は一切使っていないものの、政務活動だと考えています。

いったい何を言いたいのか、皆様にはわかっていただけない話だと思いますが、政務活動費の一連の問題が発生し、それに憤りを感じ議員になった者としては譲れない主張です、くだらない話ですが。

さてこの後援会便りの中で、『鳥だ!飛行機だ!富山市政のラストマン江西照康です。』といった少し砕けた表現を使っています。これは興味や親しみを感じていただくための表現ですが、このラストマンの意味が皆様にはわかりづらいと思います。

これを語ってしまうと、またまた長い文章になるので控えますが、自分自身の考える課題に対し、「自分の後ろには、もう誰もいない!」という逃げない覚悟を意味しています。

日立製作所の元社長、川村隆さんの著書、一俗六仙に度々登場するフレーズで、私はこの本をを読んで感銘を受けるとともに、私自身市会議員に出ようを考えた理由として、表現に窮していた、まさにその本質を突く言葉なのです。

私はこの8月で55才になりました。最近強く思うことがあります。今の日本人として最も分厚い思考を持っているのは、70代の方々だということです。(80代前半も含む)

久しぶりに書くと、話は転々としてしまいますので、この辺で止めておきます。

令和3年3月議会

いよいよ私の任期最後の議会が始まりました。

3月9日11時より質問の予定です。私の前には高田真里議員が質問するのですが、10時から60分の雄予定です。60分質問は時間の配分が結構大変なので、短く終わることも良くありますから、10時50分くらいから始まる可能性もあります。

今回は、本任期最後の質問となりますので、公民館においてパブリックビューイングを行います。

質問内容をまとめた議会傍聴ダイジェストを添付します。

ご案内

江西照康の活動報告「江西てるやすの歩み」と題しまして、平成28年に富山市議会議員に初当選してからこれまでの、江西照康の活動報告を、特設Website、Facebook、Instagramにてコラム形式で紹介していきます。令和3年4月18日(日)に行われる富山市議会議員選挙まで、毎週1話ずつ更新していく予定です。是非ご覧ください。

〈特設Website〉https://enishi-toyama.com/enishi2021

〈Facebookページ〉https://www.facebook.com/enishi2021

〈Instagram〉https://www.instagram.com/enishi_teruyasu

●江西照康公式LINEスタート!●コラムの更新情報や後援会活動の情報など配信していきます。ID検索(@280xgitg)、もしくはQRコードから友達登録してください!

令和2年12月定例会

12月定例会が始まりました。
12月8日(火)、10時より質問致します。

現在、森市長退任後の市長候補に、自民党から未だに手を上げるものはいません。
誰もいないわけではなく、手があげられないのだと思っています。

森市政の継続性について、18年間行われてきた市政は、果たして変えるということが適切なのか。
そもそも変えれるのか。逆に維持しようとして、新市長に求められる能力はいかほどのものか。
公民館、地区コミュニティセンター、会館等地域によって差があるのは何故か。条例の整合性は取れるのか。
公共工事の発注にそれなりのバランスは配慮されているのか。
等々質問致します。

議会傍聴ダイジェスト添付します。令和2年12月議会傍聴ダイジェストweb版