令和3年前期 江西照康後援会便り作成しました。

多くのご支援をいただき、再選させていただきましたが、新任期早々結膜炎が酷くなるやら、コロナ禍により、ご挨拶や報告に伺えないことに加え、副議長に就任したことから、議会ごとに議会傍聴ダイジェストを作成したり、質問に立つことができず、いったい何をしておるのだとお叱りを受ける今日この頃、まずは6月議会を終え、自分なりに皆様に報告させていただく江西照康後援会便りを作成いたしました。

後援会とは何やら閉鎖的な組織に思われるかもしれませんが、政治活動を行う場合、政治団体を作らねばならず、それを後援会という組織にしている政治家がほとんどです。何故なら、監督行政機関のひな形が後援会だからです。

ですから、後援会便りという名前を使っていても、私を支援して下さる後援会の皆様に限定したものではありません。因みに今まで作成してきた議会傍聴ダイジェストは政務活動費は一切使っていないものの、政務活動だと考えています。

いったい何を言いたいのか、皆様にはわかっていただけない話だと思いますが、政務活動費の一連の問題が発生し、それに憤りを感じ議員になった者としては譲れない主張です、くだらない話ですが。

さてこの後援会便りの中で、『鳥だ!飛行機だ!富山市政のラストマン江西照康です。』といった少し砕けた表現を使っています。これは興味や親しみを感じていただくための表現ですが、このラストマンの意味が皆様にはわかりづらいと思います。

これを語ってしまうと、またまた長い文章になるので控えますが、自分自身の考える課題に対し、「自分の後ろには、もう誰もいない!」という逃げない覚悟を意味しています。

日立製作所の元社長、川村隆さんの著書、一俗六仙に度々登場するフレーズで、私はこの本をを読んで感銘を受けるとともに、私自身市会議員に出ようを考えた理由として、表現に窮していた、まさにその本質を突く言葉なのです。

私はこの8月で55才になりました。最近強く思うことがあります。今の日本人として最も分厚い思考を持っているのは、70代の方々だということです。(80代前半も含む)

久しぶりに書くと、話は転々としてしまいますので、この辺で止めておきます。

ご案内

江西照康の活動報告「江西てるやすの歩み」と題しまして、平成28年に富山市議会議員に初当選してからこれまでの、江西照康の活動報告を、特設Website、Facebook、Instagramにてコラム形式で紹介していきます。令和3年4月18日(日)に行われる富山市議会議員選挙まで、毎週1話ずつ更新していく予定です。是非ご覧ください。

〈特設Website〉https://enishi-toyama.com/enishi2021

〈Facebookページ〉https://www.facebook.com/enishi2021

〈Instagram〉https://www.instagram.com/enishi_teruyasu

●江西照康公式LINEスタート!●コラムの更新情報や後援会活動の情報など配信していきます。ID検索(@280xgitg)、もしくはQRコードから友達登録してください!

市議会をもっと知ろう第5回


市民団体が主催されている市議会をもっと知ろうの企画に参加しました。

今回は第5回目ですが、議員を対象にしていないものを除いて全て参加しています。
基本的には、アンチ自民党というか、4年前の一連の政務活動費問題を受けて、これではいかんと立ち上がったグループですのである程度仕方がないのですが、参加するメンバーの一部は富山市議会自民党のメンバーのことは何がなんでも認められないといった態度が節々に現れます。
私自身も、一連の問題を受け、こんなメンバーに市議会を任せておけないと市議を目指してきた議員なのですがそんなことはお構いなしです。

しかし、主催している松原さんなどは、今も考えは違いますが、互いに信頼できる間柄だと思うようになってきています。

さて、この集まりが終わった後の一部の参加者のFacebookを読んだところ、いわれのない悪口に溢れていました。
今回は、上越市議会から市議が数名参加されたのですが、この方々と比較しレベルが低いというものです。今回は短いコメントしか述べる機会がなかったので、比較のしようもないはずなんですが、想像の翼を広げ言いたい放題です。
上越市議の広報紙が配られたのですが、富山市議会ではこの広報誌の発行に政務活動費の使用を認めていません。
広報紙は再選の為の後援会活動広報紙との紛らわしさがあるからです。

出したければ議員報酬を使えば済むことです。行く行くは、広報誌の発行に関して客観的な線引きができれば政務活動費を使えるようになることを私も望んでいますが、今は、客観的で普遍的な判断を全ての議員が共通して持てるようになる基礎固めの期間です。

上越市議のような広報紙を出す能力がないものだから、禁止しているのだと、私に対して散々な評価で決めつけていますが(今回参加した自民党会派議員は私だけですが、自民党議員がという表現ですからまさに私のことです。そしてルールは私が決めたものでもありません。)、このブログをご覧の皆様はご存知の通り、私は、質問の前に質問に対する考えをまとめたものを、継続して発行しています。当然自費で。
そして、私が議員になる前に、読む気の起こらなかった、何々について問うと言った簡単なスタイルではありません。
おそらく私の発行する広報紙の方が、大変だと思います。

この何がなんでも自民党の議員が認めらない方々は、陳情や請願を出す際、「私たちの陳情」や「私たちの請願」とは言わず、「市民の陳情」や「市民の請願」という表現を使います。
私はいつも思うのです。私や自民党を支持してくれている、こう言った形でものを言わない大多数の市民の皆さんはどう考えるのだろうと。

私の家族

プロフィール画面にある、私の家族のうち、勝手に何を書いても怒らないプードルを紹介します。

白いプードルと茶色いプードルがいますが、実は親子です。家内は、それぞれをパリスとモナコと呼びますが、私はクムジュンとチビ助と呼んでいます。白いプードルが母親で、茶色い方が娘です。

茶色いプードルは、父が倒れてから生まれたのですが、父は小さな赤ちゃん犬を本当によく眺めていました。

白いプードルは気持ちの優しい犬で、よく父のベットに登り、一緒にいてくれました。